進学について

進学について

     

大学入学、編入学希望者は情報収集が肝心です。入学希望大学のオープンキャンパスに参加したり、ホームページなどで入学試験情報を確認したりと早めの対策を心がけましょう。

大学院

修士課程・博士課程(前期)の入学資格は以下のいずれかに該当する方に認められます。

1.大学を卒業した者(法第102条)
2.大学改革支援・学位授与機構により学士の学位を授与された者(施行規則第155条第1項第1号)
3.外国において、学校教育における16年(医学、歯学、薬学又は獣医学を履修する博士課程への入学については18年)の課程を修了した者(施行規則第155条第1項第2号)
4.外国の学校が行う通信教育を我が国において履修することにより当該国の16年(医学、歯学、薬学又は獣医学を履修する博士課程への入学については18年)の課程を修了した者(施行規則第155条第1項第3号)
5.我が国において、外国の大学相当として指定した外国の学校の課程を修了した者(施行規則第155条第1項第4号)
6.外国の大学等において、修業年限が3年以上(医学、歯学、薬学又は獣医学を履修する博士課程への入学については5年)の課程を修了することにより、学士の学位に相当する学位を授与された者(施行規則第155条第1項第4号の2)
7.指定された専修学校の専門課程を修了した者(施行規則第155条第1項第5号)
8.旧制学校等を修了した者(昭和28年文部省告示第5号第1号~第4号、昭和30年文部省告示第39号第1号)
9.防衛大学校、海上保安大学校、気象大学校など、各省大学校を修了した者(昭和28年文部省告示第5号第5号~第12号、昭和30年文部省告示第39号第2号)
10.大学院において個別の入学資格審査により認めた22歳以上の者(施行規則第155条第1項第8号)

法:学校教育法 施行規則:学校教育法施行規則

編入学

「編入学」とは、学校を卒業した者が、教育課程の一部を省いて途中から履修すべく他の種類の学校に入学すること(途中年次への入学)と解されています。この場合、法令上の卒業要件の例外となるので、法令上の根拠が必要です。
大学への編入学は、法令上以下のいずれかに該当する方にのみ認められます。

1.短期大学(外国の短期大学及び、我が国における、外国の短期大学相当として指定された学校を卒業した者(法第108条第7項)
 2.高等専門学校を卒業した者(法第122条)
 3.専修学校の専門課程(修業年限が2年以上、総授業時数が1,700時間以上又は62単位以上であるものに限る)を修了した者(法第132条)
 4.修業年限が2年以上その他の文部科学大臣が定める基準を満たす高等学校専攻科修了者(学校教育法施行規則第100条の2)

大学・短期大学との併修について

東京ベイカレッジで学びながら大学・短期大学の通信教育課程も修学する併修は、東京ベイカレッジの実践的な能力に加え、大学の学習を並行して行うことで「読む力」「書く力」「考える力」が強化され、コミュニケーション能力やビジネス実務に役立つ知識・スキルが身につきます。

サポート体制

東京ベイカレッジでは、大学・短期大学併修を希望する学生のために、リポートの発送から入学・卒業などの事務手続きまで、学生が勉強に専念できるよう、様々なサポートを行っています。
東京ベイカレッジ卒業時に「短期大学卒」の資格を得ることができます。
具体的な学習方法については、東京ベイカレッジの教員と相談しながら効率良く進めることができるうえ、友だちと励まし合いながら学習できるので、挫折することなく卒業まで頑張ることができます。

・リポート発送
・科目修得試験の申込み
・スクーリングの申込み
・単位認定の申請
・履修状況の管理(スケジュールの管理)
・入学・卒業に関する事務手続き

併修校

放送大学(4年制)
 ・教養学部(生活地福祉、心理と教育、社会と産業、人間と文化、情報、自然と環境)
産業能率大学(4年制)
  ・情報マネジメント学部 現代マネジメント学科
自由が丘産能短期大学(2年制)
  ・ビジネス・コミュニケーションコース

 
オープンキャンパス
オープンキャンパス
資料請求
資料請求
ページ上部へ
ページ上部へ