入学Q&A

     

学校・授業について

単位ってなんですか?
多くの大学と同様に、東京ベイカレッジでも、単位制を用いています。
単位制とは、授業科目それぞれに「単位」と呼ばれる学習時間数が設定されており、授業科目を履修し合格するとその授業科目が修得済みとなります。授業科目を修得すると、その授業科目に設定された単位を獲得したことになります。卒業判定は、他にも要件がありますが基本的には獲得した単位の総計が必要単位数を超えることを条件としています。
高校でも単位制が用いられていますが、基本的に指定された全科目を履修することと全科目合格を前提としており、一部の科目が合格で残りが不合格という状況がほとんどないため、何単位修得したかということを意識することがないようです。
しかし、高等教育機関では、学んだ科目が不合格になることはよくあることです。そのため、修得済みの科目は、学生ごとに異なることになります。このように学生ごとに修得済み科目がバラバラである状況を、統一的に判断するための方法として、獲得単位の総計が用いられています。

授業科目ごとの単位数はどのように決まるのか?
厚生労働省が定めた美容師養成施設指定規則第3条では、単位の計算方法は、授業の方法に応じ、当該授業による教育効果等を考慮して、30時間から45時間までの範囲で美容師養成施設が定める授業時間をもって1単位とする。

授業形態
大学の授業科目には「授業形態」が定められています。「授業形態」には、「講義」「演習」「実験」「実習」「実技」があり、授業の進め方に応じて授業科目ごとに授業形態が定められています。
教室での授業時間と授業時間外での学修時間
教室での授業時間と授業時間外での学修時間は、講義形態によって異なります。「授業時間外での学修時間」とは、予習・復習・課題の時間を意味します。しかし、どのような授業形態であっても、1単位は、教室での授業時間と授業時間外の学修時間の合計が45時間になっています。

教室での授業時間
大学の授業は、一般に1コマ90分(1.5時間)であり、学部の場合は、1日に1時限目から5時限目があり、それぞれの時限(コマ)が90分になっています。この90分が「教室での授業時間」になります。本学を含めて多くの大学で、45分を1単位時間として、90分を2単位時間としています。

授業の回数
基本的に1つの授業科目は、1週間に1回開講され、15週間行われます。したがって、1つの授業科目は、15コマ=30単位時間で構成されます。

授業科目ごとの単位数
東京ベイカレッジ授業科目は、週2コマ×8週(15コマ)で1単科目です。
上記のように1単位は45時間の学修内容のことで、週1コマで1単位の科目は、教室で30時間、予習・復習・課題で15時間の計45時間学修することを想定しています。

全くの未経験者でも入学してからやっていけますか?
東京ベイカレッジデは入試で実技試験がないので、ほとんどの入学者が初心者なので安心してください。また、入学決定後、入学するまでの期間に取り組める「入学前学習プログラム」をご用意しています。プログラムは、美容の考え方や道具の使い方など、これから勉強をはじめるための準備プログラム、課題を用意しています。わからないことはいつでも学校に聞いていただいて大丈夫なので、安心して入学してください。
なぜ、祝日に授業をするのですか?
大多数の大学と同様に、東京ベイカレッジでは、セメスター制(学期制)を採用しています。セメスター制とは、1年を前学期(春学期)と後学期(秋学期)に分け、各科目の授業と期末試験、追・再試験、成績判定を各学期内に完了させる制度です。「単位ってなんですか?」示すように、各科目は原則として15回の授業と期末試験で構成されます。
回答は、15回の授業回数を確保するために、”やむをえず”行っているためということになります。

また月曜日は、ハッピーマンデーの影響で、15回の授業回数を確保することが困難であり、学期末に他の曜日を指定補講日として月曜日の授業を行っていますが、それでも回数が足りず、「海の日」や「体育の日」等の祝日を開講日にしています。

なぜ週3日制なのですか?
学生が本気で学び、社会で適用する力を身につけるよう、厚生労働省の美容師養成施設の単位制度の実質化を図るために東京ベイカレッジでは、「CAP制」を導入しています。
「CAP制」とは、1学期で履修できる授業科目に単位数で上限を設定する制度です。東京ベイカレッジでは、1学期で履修できる授業科目の上限を24単位としています。
1単位の授業科目とは、45時間の学修を必要とする内容をもって構成することになっています。通常の授業科目は15回で実施されます。したがって、1単位の授業科目は、毎週3時間の学修を必要とする内容をもって構成されます。
1学期で24単位履修するということは、毎週24×3=72時間学修することを意味します。週72時間の学修とは、月曜日から土曜日までの6日間毎日12時間学修することになります。
実際には、一般にここで言う「時間」は「単位時間」を用いており、1単位時間=50分(実時間)ですので、12単位時間学修することは10実時間学修することと解釈しています。
毎日10実時間学修するのが限界だろうとのことから、履修上限を24単位にし、週3日間の授業としています。
オフィス・アワーとは何ですか? 活用方法は?
東京ベイの教員が教員室等に在室し、担当している授業についての質問や勉強方法等についての相談に応じる時間のことです。各教員のオフィスアワーは、シラバスや教育要項に掲載されていますので、曜日・時間・連絡先・その他を確認して活用してください。
多くの教員がメール等による事前連絡を求めています。事前にメール等でアポ(予約)をとっておくことをお願いします。
この設定時間帯以外は相談を受けないということではありませんが、各教員の研究時間や会議等のため相談に応じられないことがありますので、できるだけこのオフィス・アワーを利用してください。
先生に授業についての要望を伝えることはできますか? 
東京ベイカレッジでは、各学期において「授業についてのアンケート」を匿名で実施しています。これにより、学生の声を先生に伝え授業をより充実したものに改善していくことができるようになっていますので、アンケートの自由記入欄等に伝えたいことを記載してください。
また、科目によっては講義ごとに「コミュニケーションペーパー(記名式)」等を使用している場合がありますので、これを活用し、授業に関する要望等を担当教員に伝えることができます。
さらに、先生方のメールアドレスが公開されていますので、メールにより要望等を伝えることもできます。

入学について

入試の内容について詳しく教えてください。
本校の入学制度には自己アピールAO入試(面談と書類審査)と推薦入学(書類審査のみ)、一般入学(書類審査および面接)があります。面談や面接では入学後にどんなことをしたいのか等について本校の教員と話し合う機会として考えてください。また、面談・面接の際には作品を持参していただいても結構です。
募集を締め切られることはありますか?
各コース定員は設けていませんが、施設にお入りいただける人数の限界に達した時点で募集を締め切る場合があります。出願をお考えの場合、早めの出願をお勧めします。
大学を卒業して入学した人はどのくらいいますか?
1割程度が高校卒業後すぐに入学された方以外の学生です。4年制大学を卒業後に入学した方や、一旦社会に出た後で本校に入学される方もいます。

授業料・奨学金について

学費などの納入時期を教えてください。
合格通知とともに、1年次の学費合計額を記載した「学費納入のご案内」を発送します。学費は指定の期日までに学費を納入してください(納付期限は発送通知書に記載。出願から約2週間以内)。
また、納入方法には、入学金、学費を一括で納入する方法と授業料を分割で納入する方法があります。なお、学費納入について特別な事情がある方は、合格通知受理後、納入期日までに入試広報室(047-318-3090)までご連絡ください。
学費はどのくらいかかりますか?
東京ベイカレッジ入学にあたっては、入学金・学費等の納入金のほか、その他の費用(教本・材料費)が必要となります。その他の費用は、約30,000円~890,000円程度のテキストなどの教材費が必要になります。
奨学金やローン制度はありますか?
各金融機関から融資が受けられる銀行ローン・信販系ローンをご利用いただけます。また、日本能力開発協会奨学金などをご案内しています。
学費免除などの制度はありますか?
東京ベイカレッジでは学校独自の特待生制度を大きく分けて2種類設けています。
(詳細は『特待生制度』をご覧ください)

就職・編入学について

就職活動は、どのようなスケジュールで行うのですか?
皆さんの就職活動は1回生のときから担任と就職担当スタッフが全面的にサポートします。

東京ベイカレッジでは学生の就職活動をサポートするため、独自の「キャリア開発プログラム」を用意しています。入学直後から就職セミナー、社会人マナー講座、インターンシップ、業界研究セミナーなど就職に向けた準備を1年次からしっかりと行っていきます。 2年次からは、クラス担任に加え就職専門スタッフが個別での求人紹介、企業面接のセッティングをフォローします。また、自信作を学校ホームページに掲載し、企業からスカウトをしてもらう独自の「スカウトシステム」もあります。 それぞれの学生にあったフォローを行い、希望の就職が決まるまでしっかりとサポートします。

卒業後はどのような就職先がありますか? 就職できますか?
主な就職先は、美容サロン関係の会社が最も多く、ブライダル関係やメイク関係など皆さんが学んだ美容分野で多岐にわたりご活躍いただけます。

在学中よりインターンシップや企業プロジェクトを通しながら、「自分は将来どのような分野で働きたいのか」「その分野で仕事をするには何を身につけておかなくてはならないのか」をしっかりと把握していただけるカリキュラムを設けています。皆さんの就職に向け学校として全力でサポートいたしますので、ご安心ください。

卒業をしても就職の相談に乗ってもらえるのですか?
東京ベイカレッジでは就職担当のスタッフや担任教員が、在学生のみならず卒業生の相談にも対応させていただきます。卒業したら学校との関係が終ってしまうのでなく、生涯にわたって関係を持ち続けていきたいと考えています。
就職に関しての強みは何ですか?
皆さんの夢を仕事につなげるためのカリキュラムが充実していること。自分の目標をしっかり持っていること。すでに、学校の授業やインターンシップ(企業内研修)等で仕事の経験を積んでいくことが、他の学校では持てない強みです。

受験生の方へ

入試や学費・コース
などについて知りたいなら

パンフレットでじっくり
入学案内をチェックしたいなら

わからないことや、
不安をすぐ解決したいなら