カット

単位制と学年制の違い

     


美容師国家試験の受験資格を得るための条件の1つは、必須科目を含む67単位以上を取得することです。
単位の取得方法には、単位制と学年制という2種類があることをご存知でしょうか。
単位制、学年制の特徴と、どんな人が向いているのかをご紹介します。
一人ひとりの性格や状況に応じて、単位制か学年制かを選んでみてください。

単位制の仕組み

単位制とは、大学などで導入されている制度です。
美容師国家試験の受験資格を得るための条件は、美容師法によって美容師養成施設指定規則で決められており、その中に「必須科目を含む67単位以上を取得すること」というものがあります。
単位制は各科目に単位が設定されており、必要単位数を満たせば卒業できるという制度です。
東京ベイカレッジの場合、大半の美容学校とは異なり、学年という概念が薄く、場合によっては必要単位を取得するのに6年をかけることもできます。
単位制のメリットは、学年にとらわれず一人ひとりのペースで科目を履修できることですから、アルバイトをして学費や生活費に充てたり、スポーツや音楽などに専念していたり、また家事などで学校に通いづらかったりする人にも適しているといえます。

学年制の仕組み

学年制とは、大半の美容学校で導入されている制度です。
どの美容学校でも、卒業のためには単位を取得しなければならない点は同じですが、学年制の場合は1年ごとに必要な単位数が決まっている点が、単位制との違いです。
そのため1年間で必要な単位数が取得できれば、1年生から2年生へと進級できますが、単位数が足りなければ留年となってしまいます。
留年した場合は、足りなかった単位だけでなく、その学年のすべての単位を取り直す必要があることもあり、単位制との違いといえます。
そのため留年した人でも、基本的に毎日学校に通うことになります。

知っておきたい単位制・学年制の違い

単位制は学年を気にせず自分のペースで学習や自分の興味のあることに時間が使えること、学年制は美容学校に通学して単位を取得していくことが、それぞれの特徴です。
時間をどのように使うか、将来のために何をするかを判断して美容学校を選ぶことが重要です。
単位制でも学年制でも、得られる美容師国家試験の受験資格は同じであるため、一人ひとりの性質に適した制度を利用することがおすすめです。

単位制の東京ベイカレッジでは

自分のやりたい学習に集中することができます。
また将来のために国家試験対策授業やプログラミング授業、ネイル、メイク、カット、ブライダルなどのオリジナル授業である研究科や講座などのAcademy Program(アカデミー・プログラム)を数多く用意しています。

入試や学費・コース
などについて知りたいなら

パンフレットでじっくり
入学案内をチェックしたいなら

わからないことや、
不安をすぐ解決したいなら

オープンキャンパス
オープンキャンパス
資料請求
資料請求
ページ上部へ
ページ上部へ